図書館の子育て支援

図書館は、本を通じた親子のかかわり、子どもの”心育て”を応援してくれます。

まず、3〜4ヶ月の赤ちゃんを対象とした「ブック・スタート事業」保健所・保健センターでの乳児健診のときに、ブックスタートパック(赤ちゃん絵本、ブックスタートアドバイス集、FIRST BOOK(初めて出会うおすすめ本のリスト)など)をプレゼント。健診の待ち時間には、赤ちゃん絵本の読み聞かせもしてくれます。

3歳になったお子さんには「セカンドブック事業」保健所・保健センターからの3歳児健診のお知らせに同封される引換券を持って図書館に行くと、絵本とSECOND BOOK(3〜6歳におすすめの本のリスト)をプレゼント。楽しめる絵本の幅が広がる3歳は、絵本を好きになるチャンスです!(平成22年4月以降生まれのお子さんが対象になります)

各図書館には、児童室、児童コーナーなどがあり、座ってゆっくり本を読むスペースが用意されています。
また、定期的に、「おはなし会」「絵本の読み聞かせ」、乳児対象の「おひざにだっこのおはなし会」などが開催されています。赤ちゃんから小学生まで、大勢のお子さんが絵本やおはなし、わらべうたを楽しんでいます。気に入った本はその場で借りることもできます。
 

子育て家庭へのメッセージ

大好きな家族に絵本を読んでもらう時間は、子どもにとって、
温かな愛情を感じられる、かけがえのないひとときです。
幼い頃のそういった幸せな経験は、大人になった時にも、きっと心の支えとなることでしょう。
そんな時間を一人でも多くのお子さんに持ってもらえるよう、図書館では、本選びのご相談にお応えしたり、色々な行事を開催したりしていますので、ぜひお越しください。

●ブックスタート事業・セカンドブック事業・おすすめの本のリストなど

http://www.lib.city.katsushika.lg.jp/kids/otona.html

Copyright 2008-2010 Katsushika Kosodate Network. All rights reserved.